2012年12月28日

3位おめでとう!第5回 全日本ユース(U15)水球競技選手権大会【桃太郎カップ】

HOME8,水球(スイキュウ)しませんか♪WATER POLO ⇒ この記事

第5回 全日本ユース(U15)水球競技選手権大会【桃太郎カップ】が、

【男子】倉敷市屋内水泳センター
【女子】児島地区公園水泳場(児島マリンプール)
で平成24年12月23日(日・祝)〜12月27日(木)に開催されました。


P1100353.JPG



原田学園SS水球女子チーム
(原田学園鹿児島情報クラブ)

第5回全日本ユース(U15)水球選手権大会

新チームで第3位に!!

12月24日から27日までの4日間、岡山県倉敷市で開催された第5回全日本ユース(U15)水球選手権大会において、原田学園SS水球女子チーム(原田学園鹿児島情報クラブ)が、新チームながら第3位に入賞しました。

昨年優勝したメンバーから高校生4名が抜けた新しいメンバーのチームでしたが、ジュニア日本代表候補 有馬優美選手と相良和音選手を中心にチーム一丸となり勝ち進み、3位に入賞することができました。今大会初出場の川田代悠花さん(谷山小6年)が正ゴールキーパーとしてゴールを守り、初出場の緊張感にも負けず責任を果たしてくれました。また、松山あゆさん(同5年)田村幸子さん(同4年)も初出場ながら得点をマークし今後の女子チームの発展に大きな期待を持たせてくれました。

男子チームは、強敵揃いのブロックに入り健闘むなしく2試合が1点差で負け、残念ながら決勝トーナメント進出を逃しました。現在のチームは中学1年生が8名在籍していますので、2年後3年後には優勝争いも期待できるメンバーとなっていますので、今後大いに練習を積んで、上位入賞を目指して欲しいと思っています。



P1100329.JPG


P1100327.JPG



momotaro.jpg

※子どもたちのあふれる元気や水しぶきを躍動感ある筆使いで桃太郎カップの 頭文字Mが表現され、ブルーは水、ピンクの丸は桃、黄色い丸はボールをイメージされてるそうです。

↓↓↓今回のポスターです。「雰囲気が出てカッコイイ!」
momotaro1.jpg


結果は下記の通り。
【男子順位】
優勝 石川県選抜
2位 群馬県選抜
3位 埼玉選抜
4位 静岡選抜
5位 富山県選抜
6位 山形県選抜
7位 岡山県選抜
8位 豊中水球クラブ

【女子順位】
優勝 京都踏水会水泳学園
2位 埼玉選抜
3位 原田学園鹿児島情報クラブ
4位 千葉県選抜
5位 富山スイミングパレス
6位 石川県選抜
7位 山形県選抜
8位 岡山県選抜

↓↓↓倉敷市芸文館で23日に行われた開会式の様子。
momotaro2.jpg


image05.jpg


昨年、原田学園情報クラブが出場し、優勝した大会でしたが桃太郎カップの流れが分かるので、どうぞご覧下さい。



最後に↓↓↓瀬戸大橋を見つめながら「次は俺たちが頑張る」と意気込みを見せる一年生のメンバー達。

わーい(嬉しい顔)「う〜ん♪頼もしい♪」るんるん

フリーダイヤル「しっかり練習を積み重ねて頑張ろう」

P1100320.JPG


P1100322.JPG


優秀選手表彰↓↓↓
P1100344.JPG


上位3チーム表彰↓↓↓
P1100351.JPG


2012年10月24日

有馬優美さん・相良和音さん両名が水球男女(age96)強化研修会に選抜

HOME8,水球(スイキュウ)しませんか♪WATER POLO ⇒ この記事


P1100037.jpg

↑↑↑2012夏JO大会優秀選手賞受賞時の写真。沖縄の砂邊君と一緒に!

本スクール水球チーム所属有馬優美さんと相良和音さんの両名が、来る平成24年12月27日〜30日の4日間、岡山県倉敷市水泳センターで開催される日本水泳連盟2012年度水球男女ユース(age96)強化研修会に選抜されました。
2020年の東京オリンピック(まだ決定されてはいませんが)の主力となる選手の発掘・育成を目的に開催される合宿で、全国から男女各20名が選抜されました。代表合宿は4回目となる有馬さんについてはある程度予想もつくでしょうが、相良さんは初の招集であり大きな期待と不安で一杯のようでありますが、全国の精鋭たちに臆することなく精一杯頑張ってきて欲しいと思います。応援よろしくお願いいたします。

2012年09月18日

第35回 全国JOCジュニアオリンピック水球競技大会

HOME8,水球(スイキュウ)しませんか♪WATER POLO ⇒ この記事

8月26日から4日間大阪市大阪プールで開催された第33回全国JOCジュニアオリンピック水球大会に、九州地区予選会で優勝した小学生・男子中学生・高校女子の3チームが出場し、全国の強豪チームを相手に熱戦を繰り広げました。

IMG_3132.JPG


IMG_3122.JPG


<小学生チーム>
松永コーチが監督、男子12名 女子3名のチーム編成で、六年生キャプテン吉田海翔・ゴールキーパー川田代悠花を中心に堅い守りで予選リーグを突破、4年ぶりに決勝トーナメントに進出。トーナメント1回戦で富山スイミングパレスに惜しくも敗れはしたものの、5年生中心のチームとしてはこれ以上にない大健闘であり、2019年南九州インターハイ、2020年鹿児島国体の鹿児島県代表選手の礎が出来ました。また原田学園水球チームが第2期黄金時代を迎えるためにも、今回の予選リーグ突破は目標達成に向けて大きな第一歩を踏み出すことができたと確信しております。

↓↓↓九州大会で勝利したチームが4位!大健闘でした!沖縄のチームと一緒に
DSCF8609.JPG


↓↓↓富山県の富山ウォーターポロチームと一緒に!
IMG_3135.JPG


↓↓↓名門与野水球チームと一緒に!
IMG_3137.JPG



<中学男子チーム>
昨年に引き続き2回戦からの登場となりましたが、エース前野考紀の活躍で北陸の雄 富山ウォーターポロチームを撃破、ベスト8に進出しました。準々決勝は準優勝の京都踏水会が相手で善戦したものの序盤の失点が最後まで響き惜しくも敗退しました。負けはしたものの準優勝チームにも一歩も引けを取らない戦いぶりであり、選手たちは年末の全日本ユース水球選手権大会でのリベンジを誓いました。

<高校女子チーム>
原田学園女子チームは、高校生4名中学生5名というチーム編成上高校生区分での戦いとなりましたが、Jr日本代表有馬優美と相良和音を中心とする圧倒的な攻撃力で勝ち進み準決勝に進出。準決勝の相手はJr日本代表3名を有し高校チャンピオン埼玉秀明栄光高校、試合は接戦となりましたが、最後に相手チームのスピードに押し切られ勝利することができず、高校区分の優勝はまたの機会までお預けとなりました。3位決定戦では持ち前の多彩な攻撃で京都鴨沂高校を圧倒し大差で3位になることができました。

↓↓↓3位オメデトウ(^▽^)ゴザイマース
P1100031.JPG

↓↓↓優秀選手に相良和音と有馬優美が選ばれました。共に中3!!
P1100032.JPG


↓↓↓3位決定を戦った鴨沂高校(おうきこうこう)チームと一緒に!合宿もありがとうございました。
P1100021.JPG



昨年本スクール出身者で構成する鹿児島南高校水球チームがインターハイ、国体で優勝。さらには原田学園鹿児島情報女子水球チームが全日本ユース水球大会で優勝と男女とも鹿児島県勢が席巻する形になりました。本スクールの水球選手育成には全国の水球関係者から注目を浴びており、高い評価を得ております。
今後は2020鹿児島国体において水球競技の優勝を目指し、底辺の拡大と競技力の向上にむけて多くのお子様に水球の魅力を伝えるため体験会を開催したいと思います。また、特に有望なお子様にはお誘いの電話連絡を差し上げますので、どうぞご検討いただきますようお願いいたします。

2012年09月11日

アジアジュニア水球選手権大会に参加して

HOME8,水球(スイキュウ)しませんか♪WATER POLO ⇒ この記事

アジアジュニア水球選手権大会

CIMG4124.JPG

↑↑↑クリックすると大きな画像を見れます。

aaa.jpg


本スクール水球チームの有馬優美さんが、9/1〜4の日程でカザフスタン・アルマティーで開催されたアジアジュニア水球選手権大会に19歳以下の日本代表選手として出場しました。

最年少14歳の年齢ながら、優勝したカザフスタン戦においてチーム最多の5得点をマークし大活躍したようです。

優勝を狙った日本チームは、ウズベキスタン、カザフスタンに僅差で敗れ3位となり世界ジュニア選手権の出場権は逃しましたが、チーム最年少優美さんの活躍で日本女子水球に明るい希望をもたらしてくれたと感じています。水球はチームプレーであり仲間がいないと成り立ちません。今後は、今回の活躍におごれることなく、原田学園水球チームの仲間を大事にし、謙虚な気持ちで更なる高みを目指して精進して欲しいと願っています。

会員の皆様方の応援よろしくお願いいたします。


そこで!!

カザフスタンって何処にあるの?と、疑問を持った人!

勉強です。

カザフスタン共和国(カザフスタンきょうわこく)、通称カザフスタンは、中央アジアの国家。首都はアスタナ、最大都市はアルマトイ。ロシア連邦、中華人民共和国、キルギス、ウズベキスタン、トルクメニスタンと国境を接し、カスピ海、アラル海に面している。

カザフスタンはユーラシア大陸の中心に位置しており、世界第9位の広大な国土面積を有し、同時に世界最大の内陸国でもある。但し、国土の大部分はサルイイシコトラウ砂漠やキジルクム砂漠などの砂漠や乾燥したステップ (植生)で占められており、そのため人が住めるところは少なく、人口の大半は首都と一部の地域に偏在している。地形は大きく3つに分類されており、中国国境やアルタイ山脈を含むカザフ高原、中部のカザフステップ、西部のカスピ海沿岸低地である。西部低地はウラル山脈より西側でヨーロッパに属する。国の南部は東西にわたり砂漠が発達し、アラル海の縮小に表されるように灌漑が重要な課題である。アラル海東方にはロシアが租借するバイコヌール宇宙基地がある。(ウィキペディアより参照)

はい!勉強になりましたか?

でも、送ってきた写真は高層ビルもある大都会でした。

凄いですね!

あなたも水球をして外国(遠征)へ行きませんか?

今なら水球部員募集中です。

CIMG4309.JPG


↓↓↓観客も外人さん(#^.^#)
CIMG4252.JPG


↓↓↓選手もイケ面\(^o^)/
CIMG4250.JPG


↓↓↓原田っ子が4名も日の丸をつけて頑張りました。左から福島君・有馬さん・松下君・坂上君
CIMG4281.JPG


↓↓↓日本代表男子チーム
bbb.jpg


↓↓↓日本代表女子チーム
P1100041.JPG

2012年06月16日

日本代表 長沼 敦 来鹿♪

HOME8,水球(スイキュウ)しませんか♪WATER POLO ⇒ この記事

何かに挑戦しようと思うとき、
できるか、できないかで悩まないよ!

できるか、できないかではなく、

どうすればできるのか?だよね♪


water polo.jpg



イタリア セリエAのプロリーグも経験し、現在、ハンガリーのプロリーグでも活躍している水球日本代表 長沼 敦選手がシーズンオフを利用して来鹿。今日はジュニア達が大喜び、どこに忍ばせていたのかマジックや色紙を出してサインのおねだりまでしていました。長沼氏が鹿児島でジュニアを指導してくれた年代は全国優勝しています。そんな彼の記事が載っているブログはコチラ。彼のブログはコチラ応援よろしくお願いします。

2012年05月08日

長崎は晴天でした♪3県(鹿児島・山口・長崎)合同合宿

HOME8,水球(スイキュウ)しませんか♪WATER POLO ⇒ この記事

DSCF8268.JPG




DSCF8283.JPGDSCF8272.JPG原田学園ジュニア水球チーム(小・中学生)は、ゴールデンウィーク(3日〜6日3泊4日)を利用して、長崎で三県(鹿児島・山口・長崎)合同合宿をしました。プールは長崎工業高校(小学生)と長崎西高校(中学生)の二箇所に別れて練習をしました。(カメラ写真はクリックすると大きくなります)


先に申し上げます。
長崎水球と山口水球の皆様、

わーい(嬉しい顔)「4日間、ありがとうございました」



折しもゴールデンウィークなので観光都市長崎までの道のりは遠いな〜と、思っていましたが、心配するほどの渋滞はありませんでした。バスマイクロバスの移動組(26人)と新幹線【さくら】と特急【かもめ】を利用する新幹線電車組(4人)にわかれました。

↓↓↓小学生の試合風景でするんるん
DSCF8274.JPG

↓↓↓山口と長崎のジュニアチームの練習マッチです。
DSCF8276.JPG


yakei.jpg


長崎は、日本三大夜景の一つ 標高333mの稲佐山から眼下に広がる長崎の夜景は、 夜1000万ドルの夜景といわれており、長崎港を囲むように宝石をちりばめたように街全体が光輝くそうですね。

スギちゃん風に言うと!!

長崎は中学の時の修学旅行と成人になって旅行したのを含めて2回だけだぜぇ!しかも5日の夜はスパームーンも見れたそうだぜぇ!?ところが(合宿で疲れて)寝てしまったぜぇ!どこにも遊びに行かなかったぜぇ!

もうやだ〜(悲しい顔)ワイルドだろ〜

僕らの宿泊した合宿所(長崎工業高校和工寮)からは、こんな風景が見えました。長崎は丘の上に家がいっぱいありますね。それでも民家の夜景だけでも綺麗でした。
DSCF8266.JPG


↓↓↓我々ジュニア水球チームは、合宿中でも学習時間を朝夕二時間しました。

DSCF8263.JPG

↓↓↓中学生は英語の宿題。
DSCF8264.JPG

↓↓↓小学生は宿題がいっぱい!
DSCF8265.JPG


↓↓↓食事は長崎の総菜屋さんからの仕出し弁当。大人も食べきれない量にビックリでした。お弁当の写真すっかり忘れて撮っていなかったです。
写真.JPG




布団もシーツカバーを自分たちでします。寝食を共にしてチームワークを得られるのが、合宿の目標だもんね。
DSCF8267.JPG


↓↓↓プールの中で集合してエール交換しました。
DSCF8279.JPG


それでも長崎の水球合宿は、小学生のジュニアに言わせると、とっても楽しかったらしく他県の友達もできて帰りは両チームともお互いに見えなくなるまで手(パー)手を振っていました。

DSCF8287.JPG


↓↓↓わーい(嬉しい顔)元気でね〜もうやだ〜(悲しい顔)またあおうな〜
DSCF8284.JPG


大村湾をバックに記念撮影。帰りのパーキングで!
DSCF8288.JPG

長崎工業高校はタレントの福山雅治さんの出身校なんですね。それから昭和20.08.09 原子爆弾により全校舎焼失。校長以下職員22名、生徒212名、計234名死亡と石碑も建っていました。合掌。

2012西日本女子大会(全国女子水球選手権大会一次予選会)出場

HOME8,水球(スイキュウ)しませんか♪WATER POLO ⇒ この記事

西日本女子大会(全国女子水球選手権大会最終予選会)

鹿児島から大阪のなみはやドームへスイミングバスに乗って♪

バスバスバス

原田学園女子水球チーム出場してきました。

PIC_0169.JPG


5月3日〜4日に大阪なみはやドームで開催された2012西日本女子水球競技大会に原田学園女子水球チームが出場し3位に入賞することが出来ました。本大会は、10月に東京辰巳水泳場で開催される全国女子水球選手権大会(女子水球の日本選手権)の一次予選会を兼ねており、上位5チームが8月中旬に浜松市で開催される最終予選会に出場できることになっていました。

原田学園チームは、予選リーグを順調に勝ち進み6試合全勝で準決勝に進出し、大学OGで編成する京都鴨沂クラブと対戦し、テクニック、スピードで勝る鴨沂チームを相手に大敗するのではという予想を覆し接戦となりました。レギュラー7名のうち4名が中学生という若いチームで(中学1年生本村文花、河口華子がスターティングメンバー)最後には突き放されてしまいましたが、初めて経験豊富な大人の選手と戦って、自分たちの水球が通用することが解かり大きな自信となりました。

今後は、最終予選会で6位以内に入り、10月の日本選手権出場を目指すことと、8月末に開催されます全国ジュニアオリンピック大会で優勝することを大きな目標に練習に励みたいと思います。応援よろしくお願いいたします。

↓↓↓この大会は、女子だけの大会です。下は中1から上は成人のお姉さま方まで幅の広い参加者で競技を行いました。
PIC_0166.JPG



↓↓↓原田っ子は競技役員もしました。
PIC_0159.JPG


↓↓↓原田っ子の前でコナミの先生が笛を吹いています。
PIC_0162.JPG


↓↓↓めちゃくちゃ人が多く並んでいた人気店の串かつ屋さんで食べました。ソースは二度浸け禁止だよ!!
hswimming-2012-05-08T15_23_44-1.jpg


↓↓↓足りない!もう一本!!マイウ〜♪
hswimming-2012-05-08T15_23_44-2.jpg


↓↓↓通天閣だよオッカサン!
hswimming-2012-05-08T15_23_44-5.jpg


↓↓↓ビリケンさんの前で記念撮影しましたぁ〜るんるん
hswimming-2012-05-08T15_23_44-3.jpg


↓↓↓【忍耐】の一文字!これがこの子達のキーワードです。応援よろしく〜♪
hswimming-2012-05-08T15_23_44-4.jpg

2012年03月30日

東京ドームアトラクションで遊びます♪

HOME8,水球(スイキュウ)しませんか♪WATER POLO ⇒ この記事

写真.JPG

2012年03月26日

第34回JOCジュニアオリンピック春季水泳競技大会 水球

HOME8,水球(スイキュウ)しませんか♪WATER POLO ⇒ この記事

写真.JPG

2011年10月06日

原田っ子再び日本一に!

HOME8,水球(スイキュウ)しませんか♪WATER POLO ⇒ この記事

写真.JPG


昨日、タイヨー・サンキューの清川社長(鹿児島南高校水球部出身)、水球創始者の野入先生や現南高校の山崎総監督・江口監督を交えて新栄町の焼肉クムヨンで鹿児島南高校水球部メンバーの全国二冠達成祝賀会をしました。



鹿児島南高校水球部 インターハイ・国体優勝 2冠達成

部員の大半が原田学園スイミングスクールの卒業生が所属する鹿児島南高校水球部が、今夏8月の全国高校総体(インターハイ)9月の国体において、数々の激戦を勝ち抜き見事に優勝を果たしました。本スクールでは水球コースを運営していますが、3年前に岡山県で開催された全日本ユース選手権で優勝した原田学園SSチームのメンバーが、そっくり南高校に進学し、高校での猛練習にも耐えて大きく成長しこの快挙を成し遂げてくれました。

チームの監督江口朝永さんを始め、主将、松下渉君やほとんどの選手が、本スクールのベビー・幼児コースの出身者です。小学3・4年生より水球を始め、水球歴10年近いテクニシャン揃いです。決して体格的に恵まれていない彼らでしたが、長年ともに戦ってきた仲間と作り上げてきた深い信頼関係を大きな支えとして、1点差の苦しいゲームを勝ち抜き2冠を達成できたものと思います。

本スクールでは、鹿児島県内で8年後に開催されるインターハイ、9年後に開催される国体に向け、それらの大会で活躍できる選手を多数出場させたいと願い、新たな取り組みをスタートさせます。特に対象となる4年生以下のお友達には多数参加いただいて、鹿児島の空に大きく飛び跳ねて欲しいと願っています。



★女子高校水球チーム

原田学園鹿児島情報水球クラブ(薩摩撫子チーム)
惜しくもベスト4進出を逃す
(全国JOCジュニアオリンピック)


今年から鹿児島情報高校に進学した高校1年生4人を中心に発足した、原田学園鹿児島情報水球クラブが九州大会を征し、全国JOCジュニアオリンピックに挑戦しました。E区分(女子高校生以下)での初めての戦いでありましたが、1回戦は神奈川の強豪チームに7:3で競り勝ち、2回戦の相手は高校2の藤村女子高校との対戦。予想に反して接戦となり、終盤粘りに粘って一点差まで肉薄しましたが、無常にもそのままタイムアップ。


惜しくも準決勝進出を逃しました。本チームは、昨年中学女子区分で優勝したメンバーで構成している高校1年生4名、中学2年生4名の大変若いチームですので、伸びしろも大きく近い将来高校区分での優勝も大きく期待できることと思います。

今後は、高校日本一を目指すとともに、後に続く水球ウーマン発掘、育成に全力を挙げていきたいと思います。11月より初心者講習会を始めたいと思います。元気なお嬢さんにはどんどん参加を呼びかけます。どうぞお気軽にご参加下さい。


PS 小学生チームにも女子選手が4名参加しています。6年1名 4年2名 3年1名です。
  
本人たち曰く、泳ぐのはもちろん、パスをしたりシュートをしたり色々な練習が出来るのが楽しいそうです。また九州大会や宮崎合宿、遠足なども楽しみにしているそうです。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。