2018年10月15日

子どもの発達障害(スイミングスクールは理想的な発達障害児童へのソーシャルスキルトレーニングである)

HOME1,へぇーそうなんだ!!!(トピック) ⇒ この記事

5A14ED77-07F3-4CB1-9518-FC64F040E86E.jpeg

スイミングスクールは理想的な発達障害児童へのソーシャルスキルトレーニングである。と職員全員が学び真剣に取り組んでいます。一部の例ですが、ご興味がありましたら、どうぞご覧ください。

https://youtu.be/NyJxxko1J0Y

ソーシャルスキルとは、対人関係や集団行動を上手に営んでいくための技能(スキル)のことです。一般的には、発達障害を持つ児童や成人が、発達支援センターや専門医のいる医療関係などで、マンツーマンに近い状態で行うトレーニングのことを指します。しかし、専門家のもとで行うマンツーマンでの指導やトレーニングは、数ヶ月先の予約が必要であり、日常的に行われるものではありません。スイミングクラブは日常的に、規則正しい集団行動を行うソーシャルスキルトレーニングの場なのです。コーチという指導者の下で、皆で一緒に体操を行い、シャワーに並び、ビート板を持って自分のコースに歩いてゆく。出席をとるコーチの呼びかけに返事して、順番通りに並んでレッスンを受ける。こういったスイミングクラブでは、ごく日常的な風景が一般社会での対人関係や集団行動を苦手とする発達障害の子どもたちへのスキルトレーニングになるのです。コーチは、発達障害の正しい知識を持ち、発達障害のそれぞれの特徴に適した指導を行うことによって、発達障害に悩む家族の助けになるのです。


posted by @swim at 17:25 | 鹿児島 ☁ | Comment(0) | 1,へぇーそうなんだ!!!(トピック)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。