2010年04月24日

AとB

HOME1,へぇーそうなんだ!!!(トピック) ⇒ この記事

『AとBについて』


それって何だろう?


正確には、AとBの行動や答えといいますか・・・下記のことになった時、貴方はどちらを選択していますか?



子供が●●を忘れた時や●●出来なかった時どう応えていますか?
※●●は何でもいいです。考えてください。



◇、上手く●●が出来ない!●●なぜ出来ないのか?と考える時。


A,ちっ(怒った顔)「上手く出来ないわね!?」とかちっ(怒った顔)「みんな出来るのに!!」ちっ(怒った顔)「誰々は、あんなに上手よ!」・・・等の言葉が先に出る。愚痴っぽくなる。→がく〜(落胆した顔)もうやだ〜(悲しい顔)ふらふら


B,わーい(嬉しい顔)「ほ〜う!そこまで出来たんだ!」揺れるハートと逆に褒める。わーい(嬉しい顔)「やれば出来るねェ!上手くいかないのはナゼかな?」揺れるハートと褒めてから質問するようにする。●●出来なくてもわーい(嬉しい顔)「その調子だ!そのままやれば出来るよ!」揺れるハート等の言葉をかけられる。



◇、●●を教えてていた事や●●を頼んだりした事、●●を忘れたり●●の約束を忘れた時。


A、ちっ(怒った顔)「●●もう忘れたのか!」とかちっ(怒った顔)「●●をあれだけ言ってたのに!」とかちっ(怒った顔)「信じられない!」とかちっ(怒った顔)「ダメだ!」と否定的言葉が先に出る。→がく〜(落胆した顔)もうやだ〜(悲しい顔)ふらふら


B、わーい(嬉しい顔)「●●を思い出してもう一度!やってみよう」と再度チャレンジさせる。わーい(嬉しい顔)「出来ると信じてるよ!」わーい(嬉しい顔)「今回●●忘れたけど大丈夫さ!」「●●と考えると楽だよネ!」ちっ(怒った顔)「●●忘れたんだね!こういう風にしてみよう!」と【信じる】や【安心感】を持たせる言葉が言える。揺れるハートハートたち(複数ハート)ぴかぴか(新しい)


※ポイント

↓↓↓

顔が笑って言える!←ここんとこ重要!

良い事を言うときに、顔がこわばって言ってもネ(笑)



子供が【チャレンジ】出来るようになるには日頃の言葉や言動がたいへん重要になります。



あまやかすのと【チャレンジ】させるのとはニュアンスが大きく違うし、厳しすぎるのも意欲を無くす。


継続していれば必ずや結果は後からついて来るもの。



【断念しちゃうと本末転倒です!】



コーチ業で一番残念なのが、ココを理解してもらえない事です。



男子は女子より晩熟だというのも覚えていてください。




もう一度言います・・・!

ニッコリ笑いかけることです。
posted by @swim at 11:11 | 鹿児島 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 1,へぇーそうなんだ!!!(トピック)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック