2015年09月15日

【番組宣伝】シルバーの生きがい

HOME1,へぇーそうなんだ!!!(トピック) ⇒ この記事

suiei_pool.png

9月16日(水曜日)KYTニュースエブリィ(18:15〜)本学園スイミングで月・木、週二回レディスコースで練習されている上笹貫末子さん(95)が敬老の日を前に高齢者関係の取材で出演されます。是非、皆様にもご覧いただきたいと思います。


その上笹貫さんは、ペンネーム姥桜で「シルバーの生きがい」を今年5月の原田っ子ニュースに投稿してくださいました。

その時のキャッチコピー!

三途の川は、
●●●と●●●を使って渡るつもりです。
えっ?何を?

↓↓↓ではここからです。読んでください。

『シルバーの生きがい』
上笹貫末子

 私は一九九二年、足腰に危険信号が走りやっとの思いで、水着を着ることにしました。先ず、《スクール選び》に間違いの無かった事が長続きの原因であるように思います。それは、コーチの皆さんが思いやりのある指導や、個人に合わせて指導して下さる事です。それにスクールの皆さんが、若い方の輪に入れて和気あいあいで楽しく無心になって、自分の健康作りが出来る喜びです。

 《高齢者》社会の中で楽しく健康作りの出来る『喜びや幸福』は自分で作る事を学びました。


一九二〇年生の私は、現状維持の為、一生懸命頑張り楽しみながら、子供孝行でもしようかな〜と思う此の頃です。

そして私も人生の流れを整理する時期となりました。

最近、2006年発行の【原田っ子ニュース】と再び出会い、それを感動して読みました。


その時の有馬コーチの記事には、

1、原田学園スイミングスクールの生い立ち
2、今後の目標と努力事項について
・子供たちの選手育成について
・高齢者向けの指導について
・地域の健康作りの手伝い 等々が書いてありました。

 あれから10年余り、2015年の現在は・・・月日の流れと共にコーチと選手の皆様の努力で、素晴らしい結果を年々重ねられています。「日本一の喜びを一緒に称え合い、更なる世界へ躍進されるよう願ってやみません」1992年から原田学園スイミングスクール・レディースコースにお世話になり、長いようで短いような24年となりました。コーチの皆様、水泳仲間の皆様に大変お世話になり感謝を申し上げます。送迎バスで有馬コーチから「ゆっくりで良いですよ」の一言が心の支えとなり元気をもらっています。
人と水神様との出会い(プール)を最高の幸福と感じシルバーの生き甲斐です。今年も平川動物園の桜見物に連れて行ってもらい最高でした。


〜桜吹雪 ふんわりうかぶ 車窓ごし〜

追伸・・・「三途の川は、水着とビート板を使って渡るつもりです!?」
〜ペンネーム姥桜より〜

◆姥桜さんは、本スクール最高齢95歳の御夫人です。ご高齢ながら、人に頼らず何事も自分でするをモットーに元気にスイミングに通ってこられています。







posted by @swim at 20:10 | 鹿児島 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 1,へぇーそうなんだ!!!(トピック)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。